養神館合気道明龍館

E-mail: info@meiryukan.com

 

Copyright © Yoshinkan Aikido Meiryukan All Right Reserved.

指導員紹介

 

 

ジム ダーズ

明龍館代表

1976年9月生まれ 養神館合気道六段

埼玉県春日部市在住

平成4年合気道を始める。

平成18年養神館合気道龍の内弟子となる。

平成27年養神館合気道龍より独立、養神館合気道明龍館を設立。

 

カナダで合気道を始め興味を持ち、発祥の地である日本へ追求しに来ました。

1年の滞在予定でしたが、合気道の深さを知り現在も日々稽古に励んでおります。たくさんの方に技術だけでなく合気の心を知っていただき、海外にも広げていきたいと思ってます。

井上 隆央

加須同好会代表

1961年2月生まれ 養神館合気道四段

埼玉県鴻巣市在住

1998年より合気道を始める。

 

健康のために始めた合気道ですが、合気道の奥深さに魅力を感じ今日まで続けています。名は知られているけど実体をよく知られていない合気道の世界を、一人でも多くの人達に普及し理解頂くことを志しています。

田畑 文明

さいたま同好会代表

養神館合気道四段

 

私は、息子に合気道を習わせようと思い立ち、稽古体験を受けたのですが、すっかり親の方がはまってしまい、早や12年も経ってしまいました。

週中は養神館本部道場に、週末はさいたま同好会でと、合気道はすっかり生活の中心となっています。おかげで素晴らしい仲間もたくさん出来ました。当会は「楽しい合気道」をモットーに、老若男女、和気合々と稽古をしております。

まずは始めてみませんか? 皆さんと新しい仲間になれる事をお待ちしております。

村上 大太郎

さいたま同好会副代表

1967年12月生 養神館合気道参段

埼玉県さいたま市在住

 

四十路に手が届く頃、よく利用する図書館側の体育館で活動を行っていることを知り入会しました。

興味本位で始めた合気道ですが、すっかり生活の一部となっています。基本を押えつつ、技への流れが途切れないよう心がけて指導しています。楽しみながら稽古が出来る「場」とそこに集う「仲間」の輪を広げて行きたいと思います。

 

 

田中 貴春

野田同好会代表​

1967年9月生まれ 養神館合気道参段

千葉県野田市在住

2004年より合気道を始める。


 

野田市において、一人でも多くの方に合気道の素晴らしさを知っていただけるように養神館合気道の普及活動を行なっています。

武道の中で唯一、「争わない」、「競わない」のが合気道です。

今がチャンス!

一歩踏み出して見ませんか?

合気道を通じて新しい発見がきっとあります。

齋藤 一正

吹上同好会代表
1965年10月生まれ 養神館合気道参段
埼玉県行田市在住

合気道を始める前は、何をやってるのかろくに見たこともなく興味も持ちませんでしたが、「ひょんなキッカケ」から実際に体験してみたら合気道の人間を倒すメカニズムが大変に面白く、すっかりはまりこんでしまいました。ぜひ広くこの合気道の面白さを皆さんに知っていただきたいと思い吹上で頑張っています。
このHPが皆さんの「ひょんなキッカケ」となれば、と思います。経験不問、年齢性別不問、誰でもできます!
じゃあ、いつ始めるか?今でしょう!・・・ちょっと古いですね

齋藤 幹子

熊谷同好会代表

7月4日生まれ  養神館合気道参段

埼玉県行田市在住

 

合気道の事をよく知らずに初めて「構え」を習ってから6年、今は特に少年部の子供達の目を見張る成長に合気道の良さを実感しています。

合気道の生命と言われる呼吸力を発する丹田は何歳からでも鍛えられるといいます。まだまだ自分が鍛えられると思う事は嬉しい事です。

老若男女を問わず始められる合気道、「構え」から始めませんか?

野田 裕

流山同好会代表

1983年1月14日生まれ 養神館合気道参段

千葉県流山市在住 
2006年に入門


映像で見る合気道は、ちょっと触れただけで相手が投げ飛ばされる不思議、というよりも怪しい印象だと思いますが、私が初めて合気道を体験した時、合気道は不思議でも何でもなく人体の関節の可動域、反射を科学している武道なのだと衝撃を受けました。 それ以来、合気道に魅せられて、日々稽古に励んでいます。 百見は「一験」に如かずです。まずは体験からやってみませんか?
 

Please reload